相続税対策として生命保険が有効

相続税対策として生命保険が有効だと言われています。しかし、具体的にどのようなメリットがあるのかはあまり知られていません。今回は相続税対策として生命保険に加入するメリットを紹介します。

・生命保険は相続税が課せられます
節税対策の為に加入する生命保険ですが、実はみなし相続財産として相続税の対象となります。その為、生命保険は相続税対策にならないと思われるかもしれませんが、重要となるのが受け取った保険金の非課税枠です。

・生命保険の非課税枠は1人500万円
生命保険は家族を亡くした遺族の生活を支えることが本来の目的となっています。その為、生命保険には非課税枠が設けられており、死亡保険として現金を受け取ると非課税枠を差し引いた額に相続税が課せられることになります。
この生命保険の非課税枠は法定相続人1人に対して500万円となっており、配偶者と子供2人が法定相続人となる場合には1500万円が非課税枠となるのです。

・解約返戻金は対象になりません
保険を途中解約して戻ってきた解約返戻金は被保険者が亡くなると相続財産となり相続税の対象となります。その際には生命保険ではなくなっているので非課税枠の対象とはなりません。

投稿

Posted by souzoku02