相続税の申告の為には遺産分割が重要です

遺産分割とは相続人が相続財産を分配することです。相続人は単独ではなく複数人いることが多く、誰がどの遺産をもらうのか決める手続きを遺産分割といいます。
相続税の申告をスムーズに進める為にも遺産分割が重要となるので参加すべき人を紹介します。

・遺産分割に参加すべき人
基本的に遺産分割に参加すべき人は民法で定められた「法定相続人」となる人です。常に法定相続人に該当するのは配偶者となっていますが、それ以外の相続人には順位が定められており、子供が第1順位、子供がいない場合には第2順位の父母が相続人になり、子供も父母もいない場合には第3順位の兄弟姉妹が法定相続人となります。これらの法定相続人が全員参加しなければ、遺産分割自体が無効となってしまう恐れがあります。

・法定相続人以外の参加すべき人
法定相続人以外にも遺言によって「遺産のうち◯分の◯を遺贈する」と書かれた包括遺贈を受けた相続人です。これは包括遺贈では特定の財産が指定されていないので、遺産分割に参加する必要があるのです。また、相続分の譲渡を受けた人も遺産分割に参加することになります。相続分の譲渡とはもともと法定相続人であった人が、自身の相続分を他人に譲渡する行為で、譲渡を受けた人はどの遺産を貰うのか決める必要があるからです。

投稿

Posted by souzoku02