相続税の基本ルールを知ってから、節税対策を考える!

相続税の基本ルールは、3600万円×法定相続人の数になります。キーになるのは法定相続人の数です。そして、被相続人にも交渉しておくことが必要です。ここで、孫の遺産相続方法まで、考えてみるとよいです。大切なことは、「被相続人の意向の反映」ですので、この点を良くお伝えすることです。不動産の相続税対策に動く前にしておくべきことに思います。「孫のためにしてやりたい」「税金にするにはもったいない」というような趣旨の発想から、細かくも相続をしっかりできるものにしていきます。
孫にできることは、生前贈与です。教育資金などでは、殊に贈与が簡単にできます。現金から、教育資金まで、しっかりと贈与できます。最近では、りそな銀行や大手銀行などで、しっかりと孫のために資金を贈与できるサービスができています。りそな銀行では、「きょういく信託」というサービスがあり、最高額で1500万円までが、非課税で贈与できます。大手銀行のサービスで組んでしまえば、親族内でも、公共においても、調べられたり、疑われたりもせずにクリーンに実現できますので、極めてスマートな方策です。そして被相続人も、「教育にはよいでしょう」と人生経験上の思いから、こころよく対応してくれると思います。実に堅実で良心的なことで、このような積み上げも必要と思います。

投稿

Posted by souzoku02