相続税の納税が困難となるケース

相続税というのは、被相続人の遺産を相続した場合にその遺産総額となる金額が大きいとかかってくる税金です。
相続税というのは、多くの資産を相続した場合に支払うものだから相続税くらい問題なく支払えると思う方もいると思います。
しかし問題となるのは、遺産相続で引き継いだのが預貯金など現金またはお金に変えやすいものならともかく、不動産を相続した場合です。
遺産の中に不動産があり、それなりの評価額となるものになりますと相続税は相続する預金財産で支払えないほど多くなる可能性があります。
そうなったら相続人の個人資産から支払うか、不動産を売却してお金にかえるなどしないとなりません。
また遺産相続をした場合、相続財産に負債があることも考えられます。
遺産相続というのは、プラスの遺産だけでなくマイナスの遺産も相続する事です。
故人の生前の暮らしぶりを知らなかったものの、遺品整理してたら借用書が出てきたなどという話もよくあります。

投稿

Posted by souzoku02